香港で緊急条例が発動:デモはどうしたら収まるのだろうか

4+

香港のデモは変わらず続いていて、この1週間でさらに激しさを増している。

昨日、英国統治時代に制定された緊急条例が発動された。立法手続きを踏まずに、規則を機動的に発動できるものだ。

覆面禁止が発動されたが、今後夜間外出禁止令くらいは出されるだろう。

緊急条例で覆面禁止が発動されて、昨日は各地で激しいデモが展開された。僕が働くセントラルでも昼と夜にデモが。

オフィスビルが立ち並ぶセントラルにて、かなりの数の人がデモに。

日系レストランもターゲットになっている

元々デモは、皆で行進する平和的なものから段々とエスカレートし、政府ビルへの襲撃、空港の取り囲い、警官とのやり合いへと移った。

直近では、スターバックスに加えて、吉野家や元気寿司など日系レストランも襲撃されている。

元気寿司も落書きの被害。

「なぜ日系レストランが?」と思うだろう。

理由は、これら日系ブランドをフランチャイズして香港で展開しているMaximグループやHop Hingグループが中国寄りだからだ。スターバックスもMaximグループがフランチャイジーとして展開している。

昨晩は中国系の銀行も襲撃され、支店の中に火がつけられたり。今は中国寄りのレストラン、小売り、銀行等路面に店舗を持つ会社がターゲットになっている。

戦々恐々としているのは香港の不動産系ファミリー

そんな中、戦々恐々としているのは香港不動産企業を持つファミリーだろう。New WorldやSun Hung Kai、CK Asset、Swireなど、香港経済を牛耳るのは一部のファミリー企業だ。

そもそも香港市民が怒っている根本理由の一つに、不動産価格の高騰がある。

この図にあるように、2008年から不動産価格は約3倍に高騰している。

ちなみに、ここから引用した香港人の平均給与を使って、例えば香港で500sqftの不動産を買うと仮定すると、給与全てを返済に回しても、29年かかる。

  • 平均給与:HKD19,100(月毎)×12=HKD229,200
  • 不動産価格:HKD13,252/sqft×500=HKD6,626,000
  • 不動産価格➗平均給与 = 28.9 (年)

つまり、一般の香港市民には不動産を買うのは非現実的ということだ。

そして、その原因の一つが香港の不動産会社なのだ。

彼らは値段が安かった数十年前に土地を買い叩き、その土地を順々に開発している。各社利益率はかなり高い。

今朝仕事で会社に行ったのだが、昨晩の破壊行為もあり、地下鉄MTRは全線閉鎖されていた。

中国本土から流入してくるマネーが主な理由で、その価格はどんどん高くなった。不動産会社は高い利益率でビジネスを回し、中国本土人のお金持ちが投資用や住居用に不動産を買う一方、一般香港市民は蚊帳の外だったというわけだ。

New Worldは、怒りの矛先が自分たちに向けられる前に、一部の保有土地を寄付することを決めている。

デモはどうしたら収まるのだろうか

泥沼化している香港デモだが、今後どうやったら収まるのだろうか。

香港市民は、以下5つの要求をしている。

  1. 改正案の完全撤回
  2. 警察と政府の、市民活動を「暴動」とする見解の撤回
  3. デモ参加者の逮捕、起訴の中止
  4. 警察の暴力的制圧の責任追及と外部調査実施
  5. 林鄭月娥の辞任と民主的選挙の実現

既に1は、香港行政長官のキャリーラムが発表したので実現した。が、遅きに失し、効果はなかった。

5の民主的選挙の実現は、中国本土政府が認可するとは思えないので、可能性は限りなくゼロに近い。

街のシンボル的な巨大ショッピングモールIFCも今朝は閉鎖。

もう一つのキャリーラムの辞任は、デモが収まればサクッと実施されるだろう。

落としどころは、2~4の要求を部分的か全部呑んだところだと、僕は考えている。

既に警察による発砲で若者が数名負傷していて、更に悪化すれば死者も出かねない状況だ。軍の介入を除けば、暴力の衝突は来るところまで来てしまっている。

さいごに

先日、MBA同級生の香港人の友人と話していてハッとした。彼も過去1度デモに参加したらしく、こう言ったのだ。

「多くの親しい友人が国を守る為に参加すると言っているデモに、自分だけ参加しないわけにはいかないだろ?」

おそらく今激しくデモをしている若者を中心とする市民も、同様なのではないか?

一歩引いて見ると、「デモに参加すると負傷するかもしれないし、下手すれば刑務所行き。今は大人しくするのが賢明。」と思う。

一方で、例えば仮に今の香港が日本に置き換わった場合、自分ならどうするだろうか?何も声を上げずにいるのか。デモに参加するかもしれないだろう。

僕は香港に住んで計7年強で、これからもしばらくお世話になろうと思っているし香港が好きなので、早く暴力が収まり普段の香港に戻ることを祈っている。

外国人在住者の目線で見た香港デモの影響 香港Tink Labsも ユニコーン含むスタートアップの倒産はこれからじわじわ出てくる AI スタートアップのSensetimeが凄い
4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA